トップ > 植物系プラセンタ > 穂のしずく

穂のしずく

美容成分とてよく目にする「プラセンタ」、妊娠時に赤ちゃんを育てる「胎盤」のことです。

出産が終わると廃棄されてしまうのですが、さまざまな栄養の宝庫として、またアンチエイジング効果や若返り効果があるとして、医療や美容で積極的に活用されています。従来、美容品に使われているプラセンタは選別された羊などの胎盤を使うことが多かったのですが、穂のしずくに使用されている、動物ホルモンを一切使わない植物ホルモンのみの植物プラセンタです。

「穂のしずく」は、プラセンタを長期研究したベルリン大の博士が開発しました。ドイツ北部の有機栽培のライ麦を原料として、品質管理の厳しいスイスの指定工場でプラセンタエキスを抽出、最終的に岐阜県の工場でカプセル加工しています。徹底した安全・品質管理に基づいて製造されているので安心ですね。

「穂のしずく」はメラニンの生成を防ぎ、排出を促進するので、美肌・美白効果があります。また体内のホルモンバランスを優しく整え、加齢やストレスなどによるホルモンバランスの乱れや不調を改善、そこに起因するさまざまな肌トラブルや体調不良に効果を発揮します。

植物を材料としたプラセンタなので、副作用の心配がないのもポイントが高いですね。

約3週間、100名が試飲したモニター実験では、9割以上が「肌の透明感・弾力・化粧ノリ」で変化を感じたそうです。

実際に
「子育てのイライラが解消された」
「目覚め、寝つきがよくなった」
「生理痛やPMS(月経前症候群)が緩和された」
「化粧ノリがよくなった」など、ユーザーの口コミ情報も非常に多く、またリピーターが多いのも、「穂のしずく」の特徴です。

公式サイト→ 穂のしずく

植物系プラセンタ
植物系プラセンタについてです。

前の記事 | 次の記事

関連記事